So-net無料ブログ作成
検索選択

ウォラストナイト(珪灰石) [鉱物_イノ珪酸塩鉱物]

081210wolla1.jpg
081210wolla2.jpg
081210wolla3.jpg
081210wolla4.jpg

ウォラストナイト wollastonite(珪灰石
[ イノ珪酸塩鉱物 ] 成分:Ca3Si3O9 モース硬度:4.5〜5

スカルン鉱物の代表格。(スカルン鉱物とは、マグマが石灰岩のような炭酸塩を含む岩石に接してできた、カルシウムなどを主成分とする珪酸塩鉱物のこと)

色はほとんどが白色か灰色だが、無色や淡緑色、赤褐色のものもある。紫外線を照射するとオレンジ〜ピンク色の蛍光を放つものがある。
塩酸の中に入れると溶け、含まれている二酸化珪素が分離してゲル化するのが特徴。また、炎の中に入れると簡単に溶ける性質も持っている。

名称は、イギリスの科学者ウィリアム・ハイド・ウォラストンの名前にちなんで命名された。


鉱物コレクションNo.25から。
「炎の中に入れると簡単に溶ける」というくだりを見て、ちょっと試してみたくなってしまいました。実際にはなかなか実行には移せないのですけれども(苦笑)。こういう物理変化や化学反応には、面白そうなものが結構ありますよね〜。

蛍光写真を追加してあります。
全体的にピンク色なのではなく、所々ピンク色に蛍光して見えます。肉眼だとかなりはっきり確認出来るのですが、写真だとちょっと分かり辛くてすみません(><)。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

トラックバック 0

 
 
 
 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。