So-net無料ブログ作成
検索選択

フクサイト(含クロム白雲母) [鉱物_フィロ珪酸塩鉱物]

090218fuchsite1.jpg
090218fuchsite2.jpg

フクサイト fuchsite(含クロム白雲母
[ フィロ珪酸塩鉱物 ] 成分:K(Al,Cr)2(AlSi3)O10(OH)2 モース硬度:2〜3

マイカ mica(雲母)グループの中のマスコバイト muscovite(白雲母)の一種で、緑色のものを言う。この緑色はクロムを含む事で生じ、その含有量により色の濃淡が微妙に変わるのが特徴。雲母片岩、変成ドロマイト、大理石などの中に、微細な結晶が集合した塊や薄い板状の結晶で生成し、大きな結晶は疑六角板状で現れることが多い。

ちなみに、グリーン・アベンチュリン・クォーツにアベンチュレッセンス(*)を与えるインクルージョンは、この鉱物の細片結晶である。
*アベンチュレッセンス
宝石の中に混ざる他の鉱物(雲母やヘマタイト、ゲーサイトなど)の細かな結晶に光が反射し、キラキラと輝く効果のこと


鉱物コレクションNo.30から。
英名の由来ですが、鉱物コレクションでは『ドイツの鉱物学者ヨハン・ネポムク・フックスにちなんで名付けられた』とあるのですが、自分の持っている本では『スウェーデンの科学者 Fucks の名前にちなんで・・・』とあるのですけれども(汗)。どちらが正しいのでしょう…?>ちょっとweb上で検索した限りでは分からなかったです(^^;)

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

optimist

他にも本によって違った記述ってありませんか?
私も悩む事が良くあります・・・。
by optimist (2009-02-19 00:21) 

ruya

#optimist さま
>他にも本によって違った記述ってありませんか?
そうなんですよ!時々ありますよね〜(><)。
あれから海外のサイトも(翻訳ソフトに頼りつつ/苦笑)色々見てみたのですが、両説ともあってますます分からなくなってしまいました……がっかり。


by ruya (2009-02-20 19:03) 

トラックバック 0

 
 
 
 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。