So-net無料ブログ作成
検索選択

鉱物関連の用語まとめ [石言葉、お手入れ、他解説]

原石やアクセサリーの解説時に使用している用語のまとめですが、どちらかと言うと自分メモに近いのですけれども(^^;)。そんな訳でこちらも随時更新形になります。
新しく記述したものをトップで、以前に記述したものはその都度追記の方にまとめていく形を取りたいと思います。誤記等見付けられた方はメールフォームなどでお知らせ頂ければ幸いですm(_ _)m


[炎色反応:えんしょくはんのう]
ある特定の元素や塩類を炎の中に入れて熱すると、銅は緑色、ストロンチウムは紅色、カルシウムはオレンジ色と、それぞれ特有の色を示す。この性質を炎色反応といい、鉱物に含まれている成分を知るために用いられる。

[カラット]
宝石の重さをあらわす単位。1カラットは200mgで「ct」という記号であらわされる。また、金の純度を示す単位でもあり、記号は「k」もしくは「kt」。24kが純金と定められている。

[結晶:けっしょう]
鉱物を構成する原子は規則的に並んで結びつき、それが対称性をもって積み重なる。それを結晶という。水銀やオパールなどの非晶質の鉱物以外は結晶の状態となっている。水晶のように目に見えるもののほか、顕微鏡を用いないと見えない微小なものもある。
この原子の並び方による特性で、結晶は大きく6つに分けられる。
等軸晶系
 基本的に3辺が等しく、直角で交わるサイコロのような形。岩塩、黄鉄鉱、柘榴石など
正方晶系
 2辺が等しく、サイコロをのばしたような形。水鉛鉛鉱、ベスブ石、ルチルなど
六方晶系
 六角形や三角形を基本にした形。緑柱石、燐灰石、赤鉄鉱、菱マンガン鉱など
斜方晶系
 同じ長さの辺がない直方体。重晶石、かんらん石、コルンブ石、アンダルサイトなど
単斜晶系
 ひとつの角度が90°ではない形。石膏、正長石、普通輝石、鶏冠石、アクチノライトなど
三斜晶系
 3つの角度が90°ではない形。斧石、バビントン石、藍晶石、カオリナイトなど

[結晶構造:けっしょうこうぞう]
結晶の中の原子の並び方のこと。目には見えないが、原子の配列は同じ鉱物では常に一定となっている。

[産状:さんじょう]
鉱物は地球のどのような場所にどのように出来るか、その鉱物の出来る状態を産状という。
鉱物の誕生は、地下の高温や圧力、冷却、浸食、風化、堆積、マグマとの接触、地殻運動など長い年月をかけた様々な条件に左右されるが、大きくは地球の内部を巡る岩石(火成岩、堆積岩、変成岩)の中で誕生し、熱水鉱脈や酸化帯、ペグマタイトといった岩石の形成場所の状態に影響される。

[条痕 :じょうこん]
鉱物が粉末になったときにあらわれる色のこと。条痕板と呼ばれる白い素焼きの陶板の上や、茶碗の底、タイルの裏側などでこすると確認出来る。

[堆積岩 :たいせきがん]
海や湖に、礫や砂、泥、生物の遺骸などが積もり、固まって出来た岩石。

[断口 :だんこう]
ハンマーなどで叩いて割れた形状のことで、凹凸状や貝殻状、平坦状、針状など、様々なものがある。

[比重 :ひじゅう]
同じ体積の水を1とした時の鉱物の重さを示すもの。鉱物の場合は一般的に、比重が2〜4の間が多く、4以上は重い鉱物とされる。

[劈開 :へきかい]
最も弱い方向に揃って規則的に割れる様子をあらわす言葉。劈開で割れた面は必ず平面になり、「完全」「明瞭」「不明瞭」「なし」の4つのタイプに分けて示す。

[モース硬度:もーすこうど]
硬度とは鉱物の硬さのこと。ドイツの鉱物学者フリードリッヒ・モースによって定められたモース硬度によって示される。
硬度1……もっとも柔らかい鉱物。つるつるした手触り。
硬度2……指の爪でなんとか傷をつけることが出来る。
硬度3……硬貨でこするとなんとか傷をつけることが出来る。
硬度4……ナイフの刃で簡単に傷をつけることが出来る。
硬度5……ナイフでなんとか傷をつけることが出来る。
硬度6……ナイフで傷をつけることが出来ず、刃が傷む。
硬度7……こすりあわせると、ガラスや鋼鉄、銅などに傷がつく。
硬度8……こすりあわせると、石英に傷をつけることが出来る。
硬度9……石英にもトパーズにも傷をつけることが出来る。
硬度10……地球上のあらゆる物質のなかでもっとも硬い。

硬度1:タルク(滑石)、2:ジプサム(石膏)、3:カルサイト(方解石)、4:フローライト(蛍石)、5:アパタイト(燐灰石)、6:オーソクレース(正長石)、7:クォーツ(石英)、8:トパーズ(黄玉)、9:コランダム(綱玉)、10:ダイヤモンド(金剛石)を基準にした硬度順位になる。
尚、0.5は2分の1ではなく、ほぼ中間という意味である。


------------------------------------------------------------------------------

[アデュラレッセンス(アデュラー効果、閃光)]
シーン効果のひとつ。狭義では、アデュラレッセンスの事をシーン効果/シラー効果とする。
長石グループ(正長石、氷長石、玻璃長石、曹微斜長石、曹灰長石、亜灰長石)の表面に見られる、青白い月の光のような効果のこと。微妙に成分の違う2種類の長石が層状となり、光の可視波長と重なった時に現れる。
名前の由来はアデュラリア(氷長石)に因んでつけられた。

[アベンチュレッセンス]
宝石の中に混ざる他の鉱物(雲母やヘマタイト、ゲーサイトなど)の細かな結晶に光が反射し、キラキラと輝く効果のこと。名前の由来はアベンチュリン(砂金水晶)から。

[イリデッセンス]
ラブラドライト(ラブラドル長石)や真珠、研磨した貝殻、斑銅鉱などに見られる特有の虹色の輝きのこと。遊色効果に含まれることもある。
イリデッセンスとは、ギリシャ語で虹を意味する「イリス」に由来し、ギリシャ神話に登場する虹の女神も「イリス」という名を持つ。

[インクルージョン]
鉱物などに入っている液体や小さな結晶などの総称。宝石の鑑定(天然か合成か)を判別する際にひとつの目安となる場合がある。

[延性:えんせい]
金属のように破壊されることなく、細長く引き延ばすことが出来る性質のこと。延性の高い鉱物は、自然金、プラチナ、自然銀など。

[オパレッセンス(=ジラソール)]
シーン効果のひとつ。宝石中の微細なインクルージョンに光が散乱して見られ、この場合の散乱光は常に白い。ジラゾールは同義語。
オパール、カルセドニー、クォーツなどに見られるが、遊色効果とは異なるものである。

[骸晶:がいしょう]
結晶が形成される過程において、隅および稜の部分のみが急速に成長することで、結晶面の中央部の成長が遅れたために面が形成されず、その結果凹んだ不完全な面に囲まれた結晶の形状をいう。不完全な結晶の形で特定の方向のみに成長するか、または平行連晶の集まった形となるもので、枝分れした中空の形や燕尾服のような形を示すことがある。

[火山ガラス:かざんがらす]
マグマが急速に冷えることで出来る天然ガラスのこと。火山岩の一種である黒曜石は火山ガラスから出来ている。

[火成岩:かせいがん]
マグマが冷えて固まった岩石の総称。大きく分けて、火山岩(マグマが急激に冷えて固まったもの)と深成岩(マグマがゆっくり冷えて固まったもの)に分類される。火山岩は深成岩に比べ、岩石中の鉱物の粒が小さいことと、石基を持つ点が異なる。
SiO2の含有量によって、酸性岩、中性岩、塩基性岩、超塩基性岩、と分けられる。

[仮像:かぞう]
元の鉱物の外見を残したまま、結晶の原子配列が変化したり、成分が別のものに置き換わり別の鉱物となること。仮晶(かしょう)ともいう。

[キャッツアイ効果(シャトヤンシー)]
シーン効果のひとつ。針状に並んだインクルージョン(チューブインクルージョン、針状内包物)が、規則正しく平行に並ぶと見られる。
キャッツアイ効果を持つ鉱物に、クリソベリル、トルマリン、アパタイト、オパール、ウレキサイトなどがあり、ほとんどの場合「クリソベリル・キャッツアイ」など、宝石名のあとに「キャッツアイ」をつけて呼ぶ。単に「キャッツアイ」と呼ばれている場合は「クリソベリル・キャッツアイ」のことを指すことが多い。
他に石綿の繊維組織が平行に層状をなして混入しているために、光の反射効果に差が生じて現れるものに、タイガーアイ、ホークスアイなどがある。

[黒鉱鉱床:くろこうこうしょう]
黒鉱とは、日本海側の鉱山で採掘される外見の黒い鉱石の総称で、これらが濃縮している鉱床を黒鉱鉱床という。

[クロム酸塩鉱物:くろむさんえんこうぶつ]
クロム酸塩からなる鉱物。クロム酸塩は、クロム酸イオンを持つ塩のこと。

[珪酸塩鉱物/ケイ酸塩鉱物:けいさんえんこうぶつ]
ケイ酸塩からなる鉱物。ケイ酸塩は、1個または数個のケイ素原子を中心とし、電気陰性な配位子がこれを取り囲んだ構造を持つアニオンを含む化合物を指す。シリケートとも呼ばれる。
ネソ珪酸塩鉱物/ネソケイ酸塩鉱物
  SiO4四面体が独立している島状四面体型ケイ酸塩鉱物。
ソロ珪酸塩鉱物/ソロケイ酸塩鉱物
  SiO4四面体が2つ結合している群構造型ケイ酸塩鉱物。
サイクロ珪酸塩鉱物/サイクロケイ酸塩鉱物
  SiO4四面体が6つ環状結合している環状体型ケイ酸塩鉱物。
イノ珪酸塩鉱物 /イノケイ酸塩鉱物
  SiO4四面体が直線状に結合している繊維状型ケイ酸塩鉱物。
  「イノ」とはギリシャ語の「糸」または「鎖」の意。
フィロ珪酸塩鉱物/フィロケイ酸塩鉱物
  SiO4四面体が面状に結合している層状型ケイ酸塩鉱物。
テクト珪酸塩鉱物/テクトケイ酸塩鉱物
  SiO4四面体が網目状に結合している網目構造型ケイ酸塩鉱物。

[原石:げんせき]
加工される前の宝石のこと。

[元素鉱物:げんそこうぶつ]
単一元素または合金からなる鉱物。

[広域変成岩:こういきへんせいがん]
源岩が地下深部で高温高圧下にさらされて形成される変成岩のこと。岩石に方向性のある構造が見られることが普通である。その温度・圧力条件、とりわけ温度圧力勾配により分類が行われる。(圧力(深さ)のわりに温度の高い高温低圧型、圧力のわりに温度が低い低温高圧型、その中間の中圧型。さらに低温高圧型のなかでも特に深部まで潜った岩石が上昇してきたものを超高圧変成岩と呼ぶ)
同時期に一連の変成作用を受けた岩石が千km以上に渡って分布することもあるので、接触変成作用より広い範囲で起こる変成作用という意味合いで、広域変成作用という言葉が用いられる。

[鉱床:こうしょう]
資源として有用な鉱物などが、地中に多く含まれている場所のこと。

[鉱石 :こうせき]
工業用に採掘の対象になる鉱物や岩石。

[固溶体:こようたい]
2種類以上の元素(金属の場合も非金属の場合もある)が互いに溶け合い、全体が均一の固相となっているものをいう。非金属元素同士が互いに溶け合った場合は混晶(こんしょう)ともいう。

[固溶体の「50%ルール」]
固溶体関係にある鉱物のうち、含有成分のいずれかが連続的に置換する2種の鉱物は、端成分から50%の割合を基準に鉱物名が分けられる。これを「50%ルール」という。
例えば、斜長石グループの曹長石と灰長石は、ナトリウムとカルシウムの割合を基準としてそれぞれ独立した鉱物に分類され、その間の組成を持つ灰曹長石や曹灰長石などは独立種ではなく組成相として存在する。

[酸化鉱物:さんかこうぶつ]
金属元素が酸素と結合している鉱物。

[酸化帯:さんかたい]
酸素や雨水などで鉱物が酸化している場所のこと。特に鉱床の表層部に二次鉱物が多く見られる場所をいう。

[シーン効果/シラー効果(光彩)]
鉱物の表面、または内部に特別に現れる光の特殊効果のこと。(シーンは英語、シラーはドイツ語で同義語)
猫の目のような光の筋が見える『キャッツアイ効果(シャトヤンシー)、シャトヤンシーが放射状に見える『スター効果(アステリズム、星彩)』、ムーンストーンの表面に見られる『アデュラレッセンス(アデュラー効果、閃光)』、虹のような色彩を見せる『遊色効果(プレイ オブ カラー)』、オパールなどに見られる『オパレッセンス(=ジラソール)』、アベンチュリン(砂金水晶)からきている『アベンチュレッセンス(アベンチュリン効果)』などがある。
*それぞれの効果については個別に記載しています。

[ジオード(晶洞)]
堆積岩や火山性の岩石中に気体や液体が集まって出来た空洞の事で、内部は鉱物が理想的な形で結晶する事が出来る空間となり、石英(主に水晶やアメシスト)などの結晶で内壁が覆われていることが多い。

[昇華:しょうか]
固体が液体にならず気体になる現象、またはその逆。火山の噴火口などから噴出する気体が、地表近くで急激に冷え、気体成分が固まって出来る鉱物を昇華鉱物という。

[衝撃変成岩:しょうげきへんせいがん]
隕石の落下などによる局所的超高圧で生じた変成岩。

[硝酸塩鉱物:しょうさんえんこうぶつ]
硝酸塩からなる鉱物。硝酸塩は、1個の窒素原子と3個の酸素原子からなる硝酸イオンを持つ塩である。

[条線:じょうせん]
微細な結晶面が積み重なるように成長したり、双晶を繰り返すことによって結晶面に生じた平行な縞模様のこと。

[晶洞:しょうどう]
気体を多く含むマグマが冷えて固まるときに、ガスの泡から出来た天然の空洞に、鉱物の結晶が形成されているもの。

[スカルン鉱床]
熱水鉱床の一種。スカルンとは主に石灰岩がマグマの熱や化学成分を受けて出来た、カルシウムやマグネシウムなどの珪酸塩鉱物の集合体のこと。形成温度が低いため、鉄や銅をはじめ亜鉛や鉛など工業用途として有用な金属を大量に含む鉱石が産することで知られる。

[スター効果(アステリズム、星彩)]
シーン効果のひとつ、シャトヤンシーが放射状に見えることを指す。スター効果は特定の宝石を定まった方法でカットしないと現れない。
スター効果を見せやすい宝石はルビーとサファイアで、ローズクォーツなどにも現れることがある。他、スピネルとガーネットには十字架の形のスターが出現する。

[石基:せっき]
斑晶の間を埋める物質で、微細な結晶の集合ないし非晶質(ガラス質)である。液体のマグマが急激に冷えて充分に結晶化しなかった部分と考えられる。

[接触変成岩:せっしょくへんせいがん]
火成岩の貫入に伴って、周囲の岩石がマグマからの熱により変成を受けてできる変成岩のこと。熱変成岩(ねつへんせいがん)ともいう。通常は地殻の比較的浅い部分で起こる現象のことを指す場合が多く、圧力が低く温度の高い条件下で安定な鉱物が形成される。

[造岩鉱物:ぞうがんこうぶつ]
地球上の大多数の岩石を構成する鉱物の総称。量が莫大であるが、鉱業的に重要なものは少ない。但し、ほとんどの岩石はほぼ造岩鉱物のみからできている。

[双晶 :そうしょう]
同じ鉱物の複数の結晶が、互いに対称性をもって大きくなったもの。

[多形:たけい]
化学組織が同じで結晶構造が異なる鉱物の関係のこと。「同質異像」とも言う。圧力、温度、溶媒、生成速度などの変化にともない結晶構造を変え、相転移する性質がある。ex)グラファイト(石墨)とダイヤモンド(金剛石)など
アラゴナイト、カルサイト、ファーテライトのように3種類の鉱物が同質異像の関係にある場合は、「同質三像」と呼ばれる。

[多色性 :たしょくせい]
特定の鉱物に光を当てた時、角度によって色が違って見える性質。

[タングステン酸塩鉱物:たんぐすてんさんえんこうぶつ]
タングステン酸塩からなる鉱物。タングステンは金属元素の一つ。原子番号は74。元素記号は W 。クロム族元素に属する。
希少金属(レアメタル)の一つである。

[炭酸塩鉱物:たんさんえんこうぶつ]
炭酸塩からなる鉱物。炭酸塩は、炭酸イオンを含む化合物の総称。

[展性 :てんせい]
金属のように叩いても破壊されることなく平たくなる性質。叩き続けるとどんどん薄く広がる。展性の高い鉱物は自然金など。

[動力変成岩:どうりょくへんせいがん]
断層運動に伴って、短時間岩石の温度や圧力が上昇したり、また変形を受けてできる岩石のことを動力変成岩と呼ぶことがあるが、余り使われない用語である。

[二次鉱物 :にじこうぶつ]
もともとあった鉱物が、雨水や地下水、海水、空気などと反応して別の鉱物に変化したもの。

[熱水鉱床:ねっすいこうしょう]
熱水とは地殻や地表を動く高温の溶液のこと。主成分は水だが、様々な成分が含まれている。
熱水は周囲の岩石と化学反応を起こすため、両者の成分が変化し、岩石の成分の一部が熱水に取り込まれる(溶解)。こうした熱水が岩盤の隙間を上昇するなどの原因で冷却または減圧すると、溶存成分が化学的に沈殿する。この沈殿物に金属などの有用成分が充分に含まれていれば熱水鉱床と呼ぶ。

[ノジュール]
岩石や堆積物の中に含まれる球状や板状、不定形の塊のこと。周囲の層よりも固く、表面が外に出ている場合は、周囲の岩を崩すと簡単に取れることがある。

[バナジン酸塩鉱物:ばなじんさんえんこうぶつ]
バナジン酸塩からなる鉱物。

[ハロゲン化鉱物:はろげんかこうぶつ]
金属元素がハロゲン元素であるヨウ素、臭素、塩素、フッ素のいずれかと結合している鉱物。ハロゲン化鉱物の多くは、陸地に囲まれた海や塩湖から、塩水の蒸発によって形成され、非常にやわらかいことが多い。

[斑晶:はんしょう]
周囲より大きな鉱物結晶で、マグマが冷え固まる前に既にマグマだまり内で結晶となっていたもの。

[ヒ酸塩鉱物:ひさんえんこうぶつ]
ヒ酸塩からなる鉱物。さまざまな金属元素が、砒素および酸素と結びついた鉱物をいう。酸に溶け、炎で熱すると含まれている有毒の砒素がニンニクに似た独特の臭いを出すのが特徴。
オリーブ銅鉱、アダム鉱、ミメット鉱、スコロド石などがあり、砒素は殺虫剤や除草剤、木材の防腐剤などに使用される。

[ファセット]
カッティングがほどこされた宝石の平面のこと。

[風化作用 :ふうかさよう]
長期間地表にさらされた岩石が、分解して土のような状態になること。

[複屈折:ふくくっせつ]
光線がある種の物質、結晶を透過した時に、その偏光の状態によって通常光線と異常光線の2つの光線に分けられること。
天然水晶の場合、複屈折により透過した景色の輪郭が滲んで見え、カルサイト(方解石)の場合は文字が2つにずれて見える。

[劈開:へきかい]
結晶の特定方向への割れやすさを表す用語。石の結合の弱い一定の結晶面に、平行に剥離すること。剥離する劈開面は、結晶構造において原子層の間もしくは原子結合が最も弱い部分。
完全、明瞭、不明瞭、なし、に分類される。

[ペグマタイト]
大きな結晶からなる火成岩の一種。鉱物が生まれる場所のひとつ。
花崗岩質のものが多いため巨晶花崗岩(きょしょうかこうがん)と呼ばれることもあるが、閃緑岩質や斑れい岩質のものもある。マグマが固結する際、最後に残った成分がゆっくり冷えるために結晶が大きく成長しており、希土類元素を含むものなど、珍しい鉱物を産する。

[変質仮像:へんしつかぞう]
化学組成が同じで結晶構造が異なる多形の関係間で起きる仮像のこと。ウルツ鉱と閃亜鉛鉱、霰石と方解石などでみられる。

[変成岩:へんせいがん]
既存の岩石が熱や圧力を受けて変化した岩のこと。
変成岩の原岩は火成岩、堆積岩など種類は問わず、変成岩がさらに変成作用を受ける場合もある。変成岩は原岩になった岩石の種類と、受けた変成作用の性質により『接触変成岩』『広域変成岩』『動力変成岩』『衝撃変成岩』に分類される。変成作用の主な要因は熱と圧力で、変成作用の種類により温度と圧力の条件が異な

[ホウ酸塩鉱物:ほうさんえんこうぶつ]
ホウ酸塩からなる鉱物。ホウ酸塩は、ホウ酸の塩、もしくはホウ酸が脱水縮合したメタホウ酸やポリホウ酸などの塩を含む総称。

[包有物 :ほうゆうぶつ]
鉱物の中に含まれている不純物のこと。結晶の中に別の結晶の粒や塊などが出来ることが多い。液体やガスが含まれることもある。

[ホルンフェルス]
粘板岩などの堆積岩がマグマの熱を受けて変化したもので、鉱物が生まれる場所のひとつ。ホルンフェルスの中に出来る鉱物には紅柱石や菫青石などがある。

[脈石 :みゃくせき]
鉱石中に含まれている、有用でない鉱物。

[モリブデン酸塩鉱物:もりぶでんさんえんこうぶつ]
モリブデン酸塩からなる鉱物。モリブデン酸塩は、硫酸イオンを含む無機化合物の総称である。

[遊色効果:ゆうしょくこうか(プレイ オブ カラー)]
シーン効果のひとつ。宝石などが虹のような多色の色彩を示す現象。
遊色効果を示す鉱物の代表例がオパールである。ラブラドライト(ラブラドル長石)や真珠、研磨した貝殻などに見られる特有の虹色の輝き(イリデッセンス)を遊色効果に含める場合もある。
なお、ラブラドライトのイリデッセンスを、特に『ラブラドレッセンス(ラブラドル効果)』と呼ぶ。

[硫塩鉱物:りゅうえんこうぶつ]
硫黄と金属あるいは半金属が結びついてできた化合物である硫化鉱物のなかでも、金属元素と半金属元素の両方が含まれているもの。安四面銅鉱や輝安銀鉱、濃紅銀鉱などがある。

[硫化鉱物:りゅうかこうぶつ]
金属元素が硫黄と結合している鉱物。

[硫酸塩鉱物:りゅうさんえんこうぶつ]
硫酸塩からなる鉱物。硫酸塩は、硫酸イオンを含む無機化合物の総称である。

[燐光 :りんこう]
粘板岩などの堆積岩がマグマの熱を受けて変化したもので、鉱物が生まれる場所のひとつ。ホルンフェルスの中に出来る鉱物には紅柱石や菫青石などがある。

[リン酸塩鉱物:りんさんえんこうぶつ]
リン酸塩からなる鉱物。リン酸塩は、1個のリンと4個の酸素から構成される多原子イオンまたは基から形成される物質。

[ルミネッセンス]
物質が電磁波や熱、摩擦などによりエネルギーを受け取って励起され、その受け取ったエネルギーを特定波長の光として放出する発光現象を指す。鉱物の場合、紫外線などある種の光が当たって生じる発光現象のこと。(光によって励起することをフォトルミネッセンスと言う)
ルミネッセンスの色は多くの場合、「活性因子(アクチベータ)」と呼ばれる遷移元素イオンやさまざまな不純物によりおこり、この不純物の種類や量によって蛍光色と蛍光の程度が決まる。

[連晶:れんしょう]
多数の結晶が一定の方向で連接していることをいう。結晶は同じ種類のものが並ぶとは限らず、類縁関係の異なる種類で連晶する場合もある。共通の結晶軸を平行に共有している連晶は「平行連晶」と呼ばれる。「平行連晶」は不完全な単結晶で、骸晶の特別な場合である。

[露頭 :ろとう]
岩石や地層、鉱脈などが地表にあらわれている場所のこと。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
 
 
 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。