So-net無料ブログ作成

ホルンブレンド(普通角閃石) [鉱物_イノ珪酸塩鉱物]

090916horn1.jpg
090916horn2.jpg
090916horn3.jpg
090916horn5.jpg

ホルンブレンド hornblende(普通角閃石)
[ イノ珪酸塩鉱物 ] 成分:Ca2(Mg,Fe)4Al(AlSi7O22)(OH)2 モース硬度:5〜6

火成岩や変成岩の造岩鉱物として、アンフィボール(角閃石)グループの中で最も多く産出する。珪酸塩鉱物。石英や方解石、黒雲母、普通輝石、曹長石、緑閃石などと共生する。
普通角閃石は苦土普通角閃石(magnesiohornblende)と鉄普通角閃石(ferrohornblende)に分けられ、普通角閃石そのものは独立種とされていない。しかし、肉眼で両者を区別することはできない。

酸に強く熱に溶けにくい性質を持つ。色は灰緑色や帯緑褐色、黒色で、透明から不透明なものまである。
約56度と約124度の2方向に完全な劈開があり、割れた面が柱状となって光るのが特徴。ここから和名の角閃石が付いた。
英名の由来も尖った形で産出することから、ドイツ語で「角」を意味するホルンと、「あざむく」を意味するブレンデンにちなんで付けられた。


地球の鉱物コレクションNo.45から。
石言葉は分かりませんでしたが、古代のアフリカ原住民などが儀式の際に、より霊性を高めるために使用された鉱物だと言われています。洞察力や直感力を高める力があるそうですよ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0

 
 
 
 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。