So-net無料ブログ作成
検索選択

アポフィライト(魚眼石) [鉱物_フィロ珪酸塩鉱物]

120404apo1.jpg
120404apo2.jpg
120404apo3.jpg


昨年のミネラルショーでゲットした石を今頃紹介したり(汗)。
まだ数個紹介していない子達がいるので、次のミネラルフェアの前までに全部紹介したいなと思っています(^^;)。

Cygnets Internationalさんで購入。インド産のアポフィライトです。
大きめのV字形に並んだ柱状結晶と、それを取り巻く立方体と薄板状の結晶が気に入って購入しました。グレーっぽい色のものも初めてゲットしたので嬉しいです〜♪


アポフィライト apophylite(魚眼石)
[ フィロ珪酸塩鉱物 ] 成分:KCa4(Si4O10)2(F,OH)・8H2O モース硬度:4.5〜5

カリウム、フッ素、水酸基を含む、カルシウムの珪酸塩鉱物。通常は玄武岩等の空隙から各種のゼオライト(沸石)類と共に、また、花崗岩や片麻岩の空洞中などにも産出する。色は無色や白色、灰色のものが多いが、淡緑色、淡黄色、ローズピンク、帯赤色のものもある。

名称は、この鉱物を熱すると葉状に剥離するところから、ギリシャ語で「離れる」を意味する apo と、「葉」を意味する phyllon に由来する。(和名は、柱面に上下に走る条線があり、この柱の方向から見ると石の白く濁った輝きが魚の眼に似ていることから名付けられた)


石言葉はちょっと不明です(汗)。古くから「霊力を授ける石」として崇められたそうです。直感力や洞察力を増強する力があると言われています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
 
 
 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。