So-net無料ブログ作成

クォーツサイアナイト(石英閃長岩)<岩石> [鉱物_岩石]

120509qs1.jpg
120509qs2.jpg
120509qs3.jpg

サイアナイト syenite(閃長岩)
[ 岩石 ] 成分:カリ長石と有色鉱物を主とする

地下深部で形成される完晶質の深成岩で、粒の大きさが均等で粗粒状のものが多く、火山岩における粗面岩に相当する。
一般的に閃長岩は石英をほとんど含まず、カリ長石と有色鉱物を主とする優白質完晶質岩の名称と定義され、一般的には石英5%以下、準長石10%以下で、全長石のうち斜長石65%以下の岩石とされている。
なお、石英閃長岩 quartz syenite の場合は、石英は5〜20%含まれる。

外見の良く似た花崗岩とは、石英の量によって区別することが可能。花崗岩には20%以上石英が含まれる。

閃長岩の必須成分鉱物は、微斜長石や正長石、サニディン(玻璃長石)などのアルカリ長石類で、そのほかには曹長石や灰長石などの斜長石類もわずかに含み、角閃石や輝石なども含有している。
副成分鉱物として含まれるのは、主に黒雲母やチタン鉄鉱、マグネタイト(磁鉄鉱)、チタン石、コランダム、方ソーダ石、アラゴナイト(霞石)、石英など。なお、方ソーダ石やアラゴナイトが含まれる場合には石英は存在しない。

色は白っぽく、含まれる有色鉱物によって褐色、灰色、ピンク色、赤色、青色、黄緑色などを示す。

英名「サイアナイト」は、本来はエジプトの Syene というところから産する赤色の角閃石花崗岩に付けられた名称だったが、その後ドイツで石英角閃石長石岩の名称として使用され、正長石に富む角閃石岩も同様の名称で呼ばれるようになった。


鉱物コレクションNo.114から。
今回の鉱物は石英閃長岩ですが、説明は閃長岩の方をメインに載せてあります。(石英の詳しい説明は追記にて)

見た目はかなり花崗岩っぽいです。というか、良く見かける桜系御影石(墓石とか…^^;)と見分けが付きませんでした(苦笑)。
写真だとぬるっとした質感に見えますが、実物はもっとざらっとしたマット感があるのですが……おや?;


クォーツ quartz(石英)
[ 酸化鉱物 ] 成分:SiO2 モース硬度:7

二酸化珪素(SiO2)が結晶して出来た鉱物。地殻を構成する主要な造岩鉱物であり、花崗岩などの火成岩や変成岩、堆積岩に多く含まれる。地球上で最も多く見られる鉱物である。

石英を成分とする砂は珪砂と呼ばれ、石英を主体とした珪化物からなる鉱石は珪石と呼ばれる。砂は岩石が風化することにより生じるが、石英は風化に強く、砂は石英主体となることが多い。一般的に、砂漠や砂丘の砂は石英が主成分となる。

色や透明度、結晶の集合構造などで各種に分類される。

<透明結晶石>
ロック・クリスタル(水晶)、アメシスト(紫水晶)、シトリン(黄水晶)、スモーキークォーツ(煙水晶)、アベンチュリン(砂金石)、セージナイト(針入水晶)

<半透明塊状石>
ローズクォーツ(紅水晶)、ミルキークォーツ(乳石英)

<潜晶質半透明石> 
カルセドニー(玉随)、カーネリアン(紅玉随)、クリソプレーズ(緑玉随)、アゲート(瑪瑙)、ブルーレース・アゲート(青色縞瑪瑙)

<潜晶質不透明石>
ジャスパー(碧玉)、ブラッドストーン(血石)


クォーツの中でも、特に無色透明なもので知られるロック・クリスタル(水晶)の石言葉は『完璧』『冷静沈着』『神秘的』。
4月の誕生石。日本の国石にも指定されており、これは日本が良質な水晶を多く産出していた為。
全てに対しての調和、強化を導き、あらゆる面での優れた浄化力があるそうです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0

 
 
 
 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。