So-net無料ブログ作成
鉱物_ハロゲン化鉱物 ブログトップ
前の8件 | -

フローライト(蛍石) [鉱物_ハロゲン化鉱物]

ye_fl1.jpg
ye_fl2.jpg
ye_fl3.jpg
ye_fl4.jpg
ye_fl5.jpg

前に紹介したエピドートと一緒に、Horst Burkard Minefals-Fossils(ドイツ)さんで購入したイエローフローライトです。 毎回フローライトを買っておりますが、黄色い子は初めてなのでドキドキです(笑)。

とても綺麗なピンク色に蛍光するので大満足なのですが、真っ暗な部屋で写真を撮ると水色にしか写らないという… (´・ω・`)。暗さを調整して撮影してみましたが、これだとピンクというより紫ですね・・・orz

fl_keikou.jpg
あ、ちょっとボケたけど何とか写ったε=( ̄。 ̄;)(6/30追加)

こちらもモロッコのアトラス山脈産(High Atlas Mts,)です。
前回から更に調べたところ、モロッコ国内を北から南に向かって、「リフ山脈」「モワヤンアトラス山脈/ミドル・アトラス山脈(中アトラス)」「オートアトラス山脈/ハイ・アトラス山脈(高アトラス)」「アンティアトラス山脈(小アトラス)」に分かれているようです。
(アトラス山脈自体は西から東へと続く山域で、「テル・アトラス山脈(低アトラス)」「サハラ・アトラス山脈」「オーレス山地」などはアルジェリアやチェニジアにまたがっています)

この「オートアトラス山脈/ハイ・アトラス山脈(高アトラス)」沿い、東側 Midelti の Aouli は蛍石や瑪瑙など質の良い鉱物を産することで有名らしいので、前回のエピドートと今回のイエローフローライトの産地で間違いなさそうです。


▼ フローライトの詳しい説明を読む(追記)


フローライト(蛍石) [鉱物_ハロゲン化鉱物]

10_f1.jpg
10_f2.jpg
10_f3.jpg
10_f5.jpg
10_f6.jpg
10_f7.jpg

今週から、先日のミネラルフェアでゲットした新しい石達を紹介して行きます。
まずはRogerley Mine Durham England(イギリス、ロジャーリー)産のフローライトです。鉱物標本開発さんで購入。

ロジャーリー産のものはもうすでに持っているのですが、値段の割に大きい塊だったのと形が気に入ってしまい、結局購入しちゃいました(^^;)。フローライトと水晶はいくつ持っていても毎回購入してしまいます・・・
この産地のものは強蛍光が特徴です。蛍光状態の写真もアップしましたが、ライトが小さくて半面しか蛍光が当たらないという(苦笑)。(肉眼で見るだけなら上から照らせば全体の蛍光が見れるのですが、写真に撮ろうとするとどうしてもこうなっちゃう・・・やっぱり不便だなぁ(つДT))

そして、一番最後の写真はもう毎回の定番?になってきた、東京サイエンスさんでの小さいフローライトまとめ買い(笑)。10個くらい買うつもりで行ったのに、色や模様で気に入る子が3個しか見付けられませんでしたorz
いつになったら『グラスいっぱいフローライト』の野望は達成出来るのか〜(苦笑)。


▼ フローライトの詳しい説明を読む(追記)


縞模様のフローライト(蛍石) [鉱物_ハロゲン化鉱物]

hota1.jpg
hota2.jpg
hota3.jpg

地球の鉱物コレクションNo.60から。
以前にも付録に緑色のフローライトは付いて来たのですが、今号は縞模様のフローライトでした。半透明な薄茶に紫色の縞が入った子なのですが、薄茶じゃなくて白っぽかったら、もっと縞のグラデが綺麗に見えたのになぁ…なんて(^ ^;)。
蛍光もあまり見られなかったので、ちょっと残念です。


▼ フローライトの詳しい説明を読む(追記)


フローライト(蛍石) [鉱物_ハロゲン化鉱物]

3434127
3434128
3434130


 Mina Navided Durango,Mexico 産のフローライト。こむろミネラルズさんで購入。

『ねんがんの あおいフローライトをてにいれたぞ!』(c)ガラハドw

もう、この色に一目惚れして、見付けた瞬間に確保してしまいました(笑)。
蛍光状態も綺麗なのですが、蛍光していなくても水色から紺色へのグラデーションがとても綺麗な子です・・・!!

今回も気が付くとフローライトを手に取っている自分がいました(笑)。
イギリスのロジャーリー産の、強蛍光のフローライトで最後まで買おうかどうか迷った子がいたのですが、この子もゲットしたしロジャーリー産は1個はもう持っているし・・・と、泣く泣く諦めました(つД`)。年末年始でまだまだお金使うしね・・・!orz
また機会があれば巡り会えるよね……って、まだまだフローライトのコレクションを増やす気満々です(苦笑)。


▼ フローライトの詳しい説明を読む(追記)


フローライト(蛍石) [鉱物_ハロゲン化鉱物]

3416730
3416729
3416711

サブタイトル『石研、冬の陣』。
という訳で、池袋で開催された東京ミネラルショーに行って参りました♪
これからしばらく新しくゲットした子達を紹介していきたいと思いますので、お付き合い頂ければ幸いです。(でも週1、2更新は変わらなそう・・・す、すみません!(汗))

こちらは5個で1000円という、とってもお得感のある国産フローライトです。釣られて思わず買っちゃいました(笑)。
グリーンが綺麗な子を選んで購入したのですが、家に帰ってからブラックライトを当ててみたら、予想以上に綺麗に蛍光したので大満足ですvv


▼ フローライトの詳しい説明を読む(追記)


正八面体のフローライト(蛍石) [鉱物_ハロゲン化鉱物]

3060269
3060273

中国産、正八面体のフローライトです。東京サイエンスさんで購入。

またも購入してしまいました、この形のフローライト……今回は小さめの子なのですけれども。本当は10個くらい欲しかったのは内緒(苦笑)。

蛍光したところも撮影してみました♪(下の写真です)
左から、上の写真で手前の子から並んでいます。一番手前の子は、普通の灯りの下では黄緑色がとても綺麗ですが蛍光はあまり強くなく、一番奥の水色がかった子がとても鮮やかに蛍光して見えます。
こうして自然光とブラックライトとで違った表情を見るのはとても楽しいです。やっぱり10個買ってくるべきだったか・・・!(爆)


▼ フローライトの詳しい説明を読む(追記)


ハライト(岩塩) [鉱物_ハロゲン化鉱物]

3495612
3495613
3495614

前回ハライト(岩塩)の紹介で書いた、入浴用に使っているヒマラヤ岩塩のピンクソルトです。使ってなくなってしまう子達なのですけれど、折角なので写真を残してみる(^^;)。

一番下の石鹸のような形のものは、昨年のミネラルフェアの会場でもらったものです。これは軽石のように、ひじやかかとをこする時に使うものだそうで早速使ってみたのですが……自分にはちょっと刺激が強過ぎました。ひりひりするよぅ……(つД`)。
うーん、細かく砕いて、入浴剤の方で使ってみようと思います。


岩塩の詳しい説明はこちら(以前書いたものと同じです)


ハライト(岩塩) [鉱物_ハロゲン化鉱物]

090128halite1.jpg
090128halite2.jpg
090128halite3.jpg
090128halite4.jpg
090128halite5.jpg

ハライト halite(岩塩
[ ハロゲン化鉱物 ] 成分:NaCl モース硬度:2

岩塩とは、鉱物として産する塩化ナトリウムのことである。周囲から切り離された海水が蒸発してできた蒸発岩層に見られ、硬石膏、石膏、カリ岩塩などを伴い産出する。

通常無色か白色に近い淡い色をしているが、ヒマラヤで産出する濃い紫色をしたルビーソルトやアンデス山脈で産出するピンク色のローズソルトなども知られる。また、炎の中に入れると、鮮やかな黄色の炎色反応を示す。

英名の HALITE は、ギリシャ語で「海」「塩」を意味する hals から付けられた。


鉱物コレクションNo.27から。
ヒマラヤ岩塩のピンクソルトは、よく入浴剤として使います。
ただのお湯のお風呂よりずっと温かさが長持ちするんですよ〜♪♪

前の8件 | - 鉱物_ハロゲン化鉱物 ブログトップ
 
 
 
 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。